昭和天皇崩御の自粛ムードのヤバさがよくわかる事例まとめ

天皇陛下のお気持ち表明で、崩御時の自粛ムードについて触れたコメントがありましたね。

実際にどんな自粛ムードだったのか事例とともにまとめます。

昭和天皇が崩御したとき日本はどうなった?自粛ムードのヤバい事例

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。

天皇陛下のお気持ちの内容と動画!意味不明?核心部分は?

天皇陛下のこのご発言、経験のない人は読み飛ばしてしまうかもしれません。

しかし、twitterなどでは昭和天皇が崩御した時のことを振り返るユーザーがあふれかえっています。

 

こんなツイートもあるくらいです。

昔を思い出すと、今まで演じていた「JSやJCのキャラ」が崩れるくらい、昭和天皇の崩御の自粛ムードはショックな出来事だったんでしょう。

 

さて、ここからはその時の様子についてまとめていきます。

自粛ムードのよくわかる事例やツイート

※あくまでツイートをまとめたものですので、ブログ運営者の発言でないことは申し添えます。

 

・TV局5局が申し合わせて、「天皇崩御の記者会見」から2日間CMを抜きにした。

・歌番組、ドラマ、クイズ番組はすべて姿を消した。

・テレビを見ても何もやらなので、レンタル・ビデオ店が大繁盛した。(普段の4~5倍の貸し出し)

・ご容態が悪化して以降、プロ野球で日本一になっても祝勝会でビール掛けが中止になるなどした

昭和の末期 毎日、天皇陛下の 体温、脈拍、吐血量が報道され 世間は自粛ムードだった

 

昭和末期の自粛ムードがどういうもんかというと、テレビの編成がバラエティ激減とかだけじゃなくて、昭和63年の忘年会、昭和64年〜平成元年の新年会が9割方行われない、とか国民生活全体の消費行動が激減して大変だったんだよ!

 

昭和から平成に変わったときのことを覚えてない世代に説明しておくと、崩御して1週間くらいはTVCMがなくなり、種々の行事(お祭りとか)自粛されました。確かドラゴンズの優勝パレードも無くなったはず。東日本大震災の直後を思い出していただければいいかと。

 

・お若い方にはピンと来ないかもしれないけれど、昭和が終わる時の自粛という名の不謹慎厨の跋扈具合は凄まじかったんだよ…… 飲食店の予約は軒並みキャンセル、宴会とかもってのほか、楽曲を流すのは不謹慎、祝賀行事は全て中止しろ等々……

 

・いやほんとに、昭和天皇崩御前後の自粛ムードって、ただごとではなかったぞ。ただ、あのときはまだ今よりはるかに日本は元気で、むしろ過熱気味じゃないかくらいの勢いあったから大丈夫だっただけで。なにしろバブル崩壊前で、二つの大震災もまだなかったときなんだから。

・東京五輪とご自身の崩御が重なる可能性を憂慮されているのかもしれないと言うツイートを読んでハッとなった。 たしかに五輪の年に自粛ムードだと日本にとっては良くないよねえ。

昭和天皇が入院されてから亡くなられるまで、そして亡くなられた後も、大層な自粛圧力があった。 デパートや観光地がガラガラになり、行事やお祭りが中止になり。外出するときは服の色まで気を使った。 そやってみんなが右往左往したの憶えてる自分。ツイッター民の中ではかなり年寄りなのだな。

昭和天皇陛下の時の自粛ムードで印象に残ってるのが日産A31セフィーロのCM。井上陽水が走るセフィーロの助手席で窓を開けて「皆さんお元気ですか」と喋るシーン、陛下が病気を公表されてからは音声が消され、井上陽水が口をパクパクさせるだけの奇っ怪なCMになったという。

・昭和天皇が受けたような過剰な延命治療と詳細な容態報道による人権蹂躙、莫大な国家予算を投じて行われた大喪の礼や、自粛ムードによりもたらされた社会の異常な状況を、回避したい、という「お気持ち」でしたね。

 

・あのとき私はイベントプランナーなる仕事をしていましてね。昭和天皇が入院なされてから世の中はイベント自粛で何もかも中止で会社に行っても何もすることがないという辛い日々を過ごしたものですから。天皇の世の動きを停滞させることのないように、というお気持ちは本当にありがたいと思います。

 

今後天皇陛下がご崩御なさるとき、このような自粛ムードにならないよう手配することが、陛下のお気持ちを叶えることになるでしょう。

 

13 件のコメント

  • 俺も当時レンタルビデオ屋に行ってた口だけど自粛圧力って言うより本当に自粛だった気がするぞ?小馬鹿にしたような文章だからか、なんか読んでてイラッと来たので書き込んでみた。

    • そうだね。圧力なんてものじゃない。年配を中心に心の底から悲しんでいた。戦争を知っている世代がまだ多かった。祖父に、レンタルビデオ屋に行く事すら怒られたからね。

    • べつに嫌なら読まなきゃいいだろ?お前の感想なんか誰も求めちゃいねえよ?小馬鹿にしたような文章だからか、なんか読んでてイラッと来たので返信してみた。

  • 当時人気絶頂だった光GENJIのコンサートも中止になって遠方からコンサート見に来た女子高生ががっかりしてたニュースが印象に残ってます。

  • 新元号について具体的な日取り発表されたので
    いい機会なので書きますけど

    当時は、自粛“圧力”じゃなくて、みな自発的に自粛してた感じでしたよ
    両親が亡くなった時と同じ様に嘆いている人沢山いました。
    それだけ国民に愛されていた天皇だったんですよ。

  • 自発的に戦犯を敬うことを狂気と呼ばずに何と呼ぶ
    ジャップランドの愚民たちは学習しない民族なんだな

  • >崩御して1週間くらいはTVCMがなくなり

    これはちょっと大げさというか、嘘ですよ…

    昭和64年1月7日午前5時台にNHKを筆頭に民放各局も順次特番に入り、テレビ東京は天皇陛下崩御の正式発表があるまでは通常放送、他の民放も地方局の一部ではCMが流れたようなケースもあるものの、午前7時54分の崩御正式発表以降、翌日(平成元年1月8日)の放送終了まではCMを完全カット(日本民間放送連盟の取り決めによる)。

    平成元年1月9日月曜日の放送開始からは基本的にCMも再開し、番組編成も基本的には通常に戻ったが、一部スポンサーが一定期間CM出稿を自粛したり、一部バラエティー番組を休止した…。

    …ということで、本当にCMが消えたのは昭和天皇崩御当日と、翌日の2日間だけです。

  • >昭和の末期 毎日、天皇陛下の 体温、脈拍、>吐血量が報道され

    吐血じゃなくて下血だったな
    生々しくて怖かった。

  • 冬休みがちょっと長引いた?か、崩御された後に新学期を迎えました。
    学校では始業式に先生方が喪服かってくらい皆んな真っ黒スーツ等で喪に服してましたね。
    1人、沖縄出身の教師が反戦争反皇室みたいな人で明るい服を着ていて、浮いてました。
    小学生だったので、陛下の容態ニュースで出てくる小康状態という言葉の意味が全く分からなかったです。
    平成になって、平成と書いてたいらしげるさんというおじさんがインタビューしてたことが、
    クラスでウケたと話題になってました。

  • あと、年賀状も混乱したよね。「おめでとう」や「賀」の言葉を避けてました。「謹賀新年」はだめで「迎春」ならオッケーとか。西暦と干支だけの年賀状が多かった。

  • 天皇制を廃止すべきだと思います。職業選択の自由や居住地選択の自由がない、民間人ならいい職場環境の仕事に就こうと会社を選ぼうとすることもあるが、天皇にはそれが許されず激務の公務の道を進むレールが敷かれる、皇位継承者は生まれ順によって決まり該当の方は嫌でも継がないといけないなど、天皇には人権がないのでかわいそうです。
    >昭和天皇が受けたような過剰な延命治療と詳細な容態報道による人権蹂躙
    まさにおっしゃる通りです。偶然にも天皇家の長男に生まれたことによって、病気で倒れたとき毎日のように容態報道されるというのはあまりにもかわいそうです。
    天皇が危篤状態になったことによって自粛ムードで経済活動が停滞するというのも天皇制のデメリットの一つですね。4、5年の任期ごとに大統領が変わる共和制の国ではありえないことです。あと、平成の終わりが近づいた今年はオウム真理教事件の13人の死刑執行がされました。天皇が変わろうとすると批判を恐れて保留にしていたことを一気にやっちゃう。これも天皇制のデメリットです。
    皇室を撤廃して日本も共和制になるべきだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です