山根明会長の経歴|韓国人で帰化してる文甲明はなぜボクシング連盟会長になれた?

日本ボクシング連盟の山根明会長、および息子の山根昌守さんが、韓国籍から帰化している

という決定的・物的な証拠をつかみました。

記事下部にて追記しています。

今世間を騒がせている日本ボクシング連盟。

というのも、日本ボクシング連盟のドン(会長)である「山根明・終身会長」の悪行が多岐にわたっていることがメディアによって明らかにされているからです。

強化指定選手への助成金を不正流用したり、ボクシンググローブを親族の販売元以外認めなかったり、過去には「奈良判定」という疑惑の判定を審判への圧力により生み出すなど。

ボクシング界を腐敗させている張本人といっても過言ではありません。

そんな山根明会長の経歴について調べていったところ、実は韓国人であるという噂も浮上してきました。

今回は、

・山根明会長の経歴

・韓国人で帰化してるという噂は本当か

・どうやって韓国籍だった山根明(文甲明)がボクシング連盟会長まで上り詰めたのか

について書いていきます。

■ボクシング問題の全記事はこちら■

山根明会長の経歴・wikiプロフィール

山根明会長は現在、

「日本ボクシング連盟の終身会長」

というトップの座にいます。

終身会長ってすごくないですか?

「ポックリいくまで会長」って意味ですよ?

自分が元気なうちは、ワシより偉いやつはボクシング業界におらん、っていう状態ですからね。

他にも、ナショナルチームの監督や、アジアボクシング連盟の常務理事まで勤めています。

アジアまで広げると、常務理事レベルになるんですね(笑)

そんな絶対的権力者は、8月1日の高校総体での椅子も一人だけ革張り椅子でしたww

周りがパイプ椅子(1脚数百円)なのに対し、山根明会長のみ数十倍の価格の椅子。。。

実際に探したらありました。

画像をクリックすると拡大できるので、同じものだと確認できます。↓

ちなみに、その後批判を恐れてパイプ椅子に変更されたそうです。

当日、高校総体の会場には山根明会長は来ず。なんと病院で入院してるとアナウンスがwww

いや、来ないなら椅子用意せんだろ!!!

メディア批判を恐れて雲隠れしたんですね。

スポンサードリンク

山根明会長の経歴を時系列に見ていくと謎ばかり?

wikipediaとかはないみたいなので、代わりに詳しい経歴やプロフィールをまとめていきます。

山根明会長は現在78歳。

第二次世界大戦が勃発した昭和14年(1939)に大阪府堺市で生まれています。

大阪府堺市は都会すぎずといった地域。

ド田舎、とまではいかない田舎って感じでしょうか。

そんなところで育った山根少年は。

アマチュアボクシング日本代表監督を19年勤めており、ベテランのように思えます。

ですが、実のところ現在78歳であることを考えると、逆算して59歳からアマチュアの指導に就いているということ。

そう考えると、単に座席をもらって、そこに居続けて19年なのではないかという疑惑さえ持ってしまう。

だって、選手としての経歴が一切謎だから。

どうなのだろう?

その後の経歴は、

1994年から2002年までの9年間、国際ボクシング連盟(AIBA)の常務理事。

2010年にはJABF(日本アマチュアボクシング連盟)副会長に就任。

2011年にはJBF(日本ボクシング連盟)の会長に就任。

となっています。

山根明会長は、2011年の会長就任後、大きな改革をボクシング界にもたらしたことで有名。

これはいい意味で。

これまでアマチュアの世界って結構閉鎖的だったんですが、プロとの交流を認めるようにしたり、プロからアマへの転向を認めるなどをしたそうです。

最後に付け加えるとすると、「山根会長の経歴は、関係者からしても謎」なんですって。

50年以上ボクシングに関わっており、ボクシング連盟の元理事だった鶴木良夫さん(現・新潟ボクシング連盟理事長)も、

「会長の経歴は聞いたことがない」

と話しています。

え?どゆこと???連盟の人も知らんの??

知らないのに、へこへこしてんの???

これまた謎です。

やっぱりあっち系の人なのかな・・・

関連:山根明会長は山口組風ヤクザ顔だが人脈は?日大田中理事長との関係も調査!

少なくとも、ボクシングに関する経歴は、重役の椅子に座っていた「だけ」の可能性が高いです。

スポンサードリンク

韓国人で帰化してるって本当?

調べていると、山根明さんの韓国籍の名前(本名)は「文甲明」だということがわかってきました。

日本にいつ来たのかは調査中ですが、韓国籍から日本籍に帰化をしており、現在は山根明という名前だということですね。

コメント欄から質問をいただいたので追記します。

Q.文甲明が帰化したというソースはなんでしょうか?
1980年の官報に載っているというそれらしいコピペは見かけますが、原本は確認できません。

コメントいただきありがとうございました。

確かに、ネットでは以下のような文章が官報の引用として拡散されています。

1980年の官報に出てます

住所大阪市淀川区十三東四丁目七番二号
文甲明(山根明、文沢明)昭和十四年十月十二日生

1989年の団体名鑑によれば、この住所の「山根明様方」が「奈良県アマチュアボクシング連盟」の連絡先で「会長: 岩城孝侑、理事長: 山根明」

息子の山根昌守も同時に帰化している
文昌守(山根昌守、文沢昌守、金昌守)昭和三十九年九月二十七日生

当サイトでは国立図書館での確認を急ぐ予定ですが、

1980年の官報になりますと、ウェブ上での確認は官報情報検索サービスという有料サービスを使うことで当時の原本を検索・確認が可能です。

もし原本をみて真偽を確かめたい!ということでしたらご利用ください。

追記2:帰化している官報の証拠はこれ!

上記の画像をご覧ください。

こちらが官報の内容であり、

ネット上で出回っていた帰化内容のコピペは真実だった

ということが確定しました。 

スポンサードリンク

どうやって韓国籍だった山根明(文甲明)がボクシング連盟会長まで上り詰めたのか

日本に帰化した韓国人の方を差別するわけではありませんが、

「日本」ボクシング連盟なんですから、意外と頑固なトップ層が経歴を見て「う~ん」という顔をするような気もします。

山根明は会長の座に行くまで、どのようにして上り詰めて来たのか。

必ず、その間にはお世話になったというか、口をきいてもらった人もいるはず。

というか、その人はもう存命ではないかもしれませんが。

引き続き調査していきます。

追記:山根会長の身辺が怪しい

山根会長がなぜボクシング界でここまで上り詰めたのかということなんですが、人間関係を見ていくと

反社会的勢力がバックにいたから

という可能性が高くなってきました。

▼以下の記事に内容をまとめています。

山根明会長は森田組暴力団?組長に「引退しないと過去をばらす」と脅される理由は?

山根明会長は山口組風ヤクザ顔だが人脈は?日大田中理事長との関係も調査!

当サイトでは「日本ボクシング連盟の腐敗問題」についてご意見・ご感想を募集しています。

メッセージは1つ1つ全て読み、時間の許す限りお返事もしております。

お気軽に記事下部のコメント欄へどうぞ!

【まとめ】ボクシング連盟の腐敗問題はこちらで全記事読めます

8 件のコメント

    • コメント有難うございます。

      ボクシング賭博という切り口は新しいですね!
      今後の記事作成の参考にさせていただきます。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

  • 文甲明が帰化したというソースはなんでしょうか?
    1980年の官報に載っているというそれらしいコピペは見かけますが、原本は確認できません。

    • コメントありがとうございます!

      1980年の官報になりますと、ウェブ上での確認は官報情報検索サービスという有料サービスを使うことで当時の原本を検索・確認が可能です。

      なお、当サイトでは国立図書館での確認を急ぐ予定です。

    • 日本姓氏語源辞典によると「岩城」という苗字は韓国慶州の出身者である李氏が
      使用する苗字との記載があります。(今回のケースがそうとは断定はしませんが・・・)

      山根氏の態度・服装・言葉遣い等を見ていると、会長職の資質に欠けることが充分に分かる。

  • 調べてみませんか?
    そもそも在日のカリスマ山根が会長になれたのが謎。
    前会長がどんな人かが関係してる気がする。

  • 日本が戦後弱体化していた時に、GHQの方針で朝鮮人を連合国側の人として扱うように指導していたことが諸悪の根源でしょう。連んで私利私欲を貪る日本人も多かったと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です