台風12号(2018)で隅田川花火大会は中止?雨天時の延期日程と発表日時は?

隅田川花火大会は29日(日)に順延・延期が決定しました(台風12号の影響)。

29日(日)の実施可否については、28日(土)午後6時に公式twitterで発表するという告知がありました。

7月28日(土)に行われる隅田川花火大会ですが、同時に台風12号が接近しており、開催が危ぶまれています。

この記事では、

・台風12号(2018年)の進路予想

・台風直撃の場合、隅田川花火大会は中止になるか

・雨天や荒天で中止する場合の確認方法や延期日程の有無

についてまとめます。

台風12号(2018)の進路予想

台風12号の暴風域は28日の朝には関東地方に上陸する見込みです。

気象庁以外にも米軍での台風進路予想をまとめた詳細な情報を知りたい場合は、以下の記事をチェックしてください。

台風12号(2018)の進路予想図と米軍最新情報!暴風域の関東上陸・直撃日は?

スポンサードリンク

台風直撃の場合、隅田川花火大会は中止なの?

隅田川花火大会は雨天時でも中止せず、決行することで有名です。

理由は、巨額のお金が動く一大イベントであることや、テレビ中継なども行われて各地にニュースキャスターなどが構えているというのも理由です。

もし中止になった場合、

「こんなに準備したのに中止か…」

となる大きなプレッシャーがあるということです。

実際に雨天時のデータをまとめると、

・2013年のゲリラ豪雨で開始後30分での中止

・2017年は大雨でも雨天決行

ということでした。

これを見ると、ある程度大雨でもやるけど、ゲリラ豪雨は中止というイメージを持っておけばいいですね。

スポンサードリンク

雨天や荒天で中止する場合の確認方法や延期日程の有無

隅田川花火大会の実施可否(雨天中止・決行などの判断)は当日の朝8時に行われます。

そのため当日の朝起きたら、まず隅田川花火大会の公式ツイッターもしくは公式ホームページを確認するようにしましょう。

一番正確な情報をもとに行動してくださいね。

隅田川花火大会は雨天・荒天中止時の延期日程はある?

雨天・荒天時の延期日程については、翌日の29日(日)が確保されています。

公式ツイッターでもそのように発表されています。

野外イベントは天気と上手く折り合いをつけて臨む必要があります。

隅田川花火大会を楽しみにしている方も、豪雨の中無理に外出すると、思わぬトラブルに見舞われる可能性もあるのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です