「好きな人がいること」1話感想とネタバレ!視聴率は?

本日11日は「好きな人がいること」第1話の放送日です!!

今回は、ドラマ「好きな人がいること」について、

・感想や見どころ

・ネタバレ

を書きました。ネタバレについては、1分で読めるレベルのものから少し詳しいものまで書き分けてみました。

ドラマも立て続けに始まっていますから、忙しいと時間を割いてみている時間はありませんよね。でも話題にはついていきたいというあなたにはこの記事はぴったりかもしれません。

皆さんのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

「好きな人がいること」1話の感想と見どころ

・途中まで見てやめてしまった人

・まだ見ていない人

・とりあえず話題についていきたい人

のために感想やみどころを書きます。

 

1話の感想を一言で言うと、

「途中までどうなるかと思ったけど、落としどころはすっきり!!」

といった感じでした!!

 

これは次回も安心して見れそうです・・・・

 

以下、見どころです。

■1話のみどころ■

・桐谷美玲のカサカサの唇(笑)

・三浦翔平がいちいちイケメン

・とと姉ちゃんの綾さんが出演

・湘南の海が綺麗

・サーファーの山崎賢人

・海ではしゃぐ桐谷美玲

・海で泥にまみれる桐谷美玲

・野村周平に後ろから抱きつかれる桐谷美玲

・3兄弟でバスケ

・すごく嫌な感じの夏向(山崎賢人)

・冬真(野村周平)にケーキをあーんする桐谷美玲

・1話ラスト付近で流れる主題歌「好きな人がいること」が良い!!

・1話ラストで現れる美少女がかわいい!!

・1話ラストで菜々緒現る!!

 

スポンサードリンク

山崎賢人(夏向)が桐谷美玲と聴いていた曲は何??

こちらは後程追記します。

・suchmos「STAY TUNE」

「好きな人がいること」suchmosを山﨑賢人が聴いて話題!

 

こちらは主題歌です~

「好きな人がいること」主題歌は知英(JY)!PVと発売日は?

「好きな人がいること」1話のネタバレ

以下ネタバレ注意です。

・・・

・・・

ネタバレですが、まずはざっくりお伝えします。

と、その前にキャラ設定などなどは説明しておきます。

■キャラや設定■

ヒロイン:美咲(桐谷美玲)、ケーキ作りが得意。

以下、現れる男子は皆イケメン。そして実の3人兄弟という設定。

千秋・ちあき:イケメン長男(三浦翔平)

夏向・かなた:オレ様、性格悪いイケメン(山﨑賢人)

冬真・とうま:プレイボーイなイケメン(野村周平)

この4人が一つ屋根の下でシェフ(パティシエ?)として働き、一緒に暮らしています。

 

■すごく簡単な1話のネタバレ■

山﨑賢人演じる夏向はびっくりするほど嫌なやつ。ヒロインの桐谷美玲演じる美咲の頑張りを認めようとせず、キッチンに立つだけで怒鳴りちらします。しかし、美咲の抹茶タルトを食べた夏向は自分が間違っていたことに気づき、美咲が一緒に働くことを認めるようになったのです。

 

■すこし詳しい1話のネタバレ■

・ヒロインの美咲は、ひょんなことで憧れの先輩、千秋と再会。千秋にケーキ作りの腕を買われ、「一緒に住んでうちで働かない?」と誘われた美咲は友達と「(千秋先輩と)キスするまで帰ってきちゃだめ」と言われ、湘南の海の店で働くことに。

・湘南の海で出会ったオレ様系男子・夏向は、美咲が千秋への下心丸出しで店に入ってきたということに腹を立てます。

・夏向に認めてもらえない美咲は、湘南の店の新商品として抹茶タルトを開発し、夏向に食べてもらおうとするが、夏向はそのタルトを地面にポイ。口げんかしたあと、なぜか夏向は美咲にキス。「(千秋と)キスするまで帰ってこない」という約束を知っていた夏向は、「キスしたんだから帰れ」と言いたかったみたい。

・美咲が湘南の店を飛び出した後、千秋に「何もわかってない」と言われた夏向は、美咲の研究ノートを見たり、抹茶タルトを食べたりします。そして自分が間違っていたことに気づき、美咲を追って駆け出します。

・そのころ、千秋は連絡のとれない美咲を探して駅へ。ホームに座る美咲を見つけ、説得し、湘南の店にバイクで戻ります。二人乗りする姿を、夏向は途中の道でたちつくして見ていたのでした。間に合わなかったんですね。

・千秋に説得されて家に帰った美咲。そこに夏向が現れ、厨房の鍵を渡します。素直じゃないですが、夏向は美咲のパティシエ魂に心を打たれた様子。

相変わらず口は悪いですが、ここからひと恋あるに違いありません!!

 

ネタバレは随時追記予定です!!

「好きな人がいること」1話の視聴率は?

こちらも後程追記です。

twitterのトレンドワードとしても、9万件以上のハッシュタグのつぶやきがあったことから、「好きな人がいること」の視聴率は期待が高まるところです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です