副島亀里(ギャム)の嫁と子供!年収や出身、家族も凄い!

 

リオオリンピック、アツいですね~

8月10日、男子7人制のラグビーの日本代表は歴史的快挙を起こしました!初戦、優勝候補と言われるニュージーランドに対し、逆転勝利をおさめたのです!!

その中でも、注目急上昇なのが、逆転のきっかけとなるトライを決めた「副島亀里ララボウラティアナラ」選手。

この記事では、

副島亀里ララボウラティアナラ選手

を最近知った方に

「名前が長いだけじゃないよ!」ということ、

とても大変な道のりを乗り越えて、

たくさんの人に支えられながら

7人制ラグビーでリオオリンピックの舞台に

立っているということをお伝えできればと思っています。

また、オリンピックの舞台で「優勝候補のニュージーランドを撃破」するという歴史的快挙をきっかけに、五郎丸選手たちがラグビーを有名にしたように、7人制ラグビーも人気が高まるといいですね!!

スポンサーリンク

副島亀里ララボウラティアナラ選手のトライが日本を勝利に導いた

こちらは試合のハイライトです。試合をちゃんと見れていない方もこれを見れば副島亀里選手の活躍が分かると思います!!動画の途中で副島亀里選手がトライを決める場面がありますよ!!

副島亀里ララボウラティアナラ選手のプロフィール

名前  :副島亀里ララボウラティアナラ
(そえじまかめり・ららぼう・らてぃあなら)

誕生日 :1983年6月1日(33歳)

身長  :188cm(190cmとも)

体重  :93㎏(94kgとも)

出身  :フィジー

出身大学 :ランバササンガム大学(フィジー)

勤務先 :シライシ舗道

所属チーム :玄海タンガロア(佐賀県)

在住住所 :佐賀県

愛称:ギャム

副島亀里ララボウラティアナラ選手、というのは長いので、ぜひ「ギャム」という愛称が浸透していただければと思います。副島亀里選手、でもいいとは思いますけれど。

スポンサードリンク

副島亀里ララボウラティアナラ選手の結婚相手(嫁)や子供は??家族についても!

副島亀里選手はすでに結婚していて、お子さんもいます。

副島亀里(ギャム)と嫁の副島彩

副島亀里選手の奥さんである「副島彩さん」は、とっても美人。仲もよさそうです。そんな二人の出会いにも結構ドラマがあります。

 

奥さんの副島彩さんは、JICA・国際協力機構のボランティアでフィジーの病院に派遣勤務していました。副島彩さんは病院では理学療養士(リハビリテーションの専門医)として働いていたとのこと。

フィジーの病院へ患者として訪れた副島亀里選手は、副島彩さんと恋におち、2008年にフィジーで結婚したとのこと。

 

 

お子さんは、現在4人。子宝に恵まれています。また、2016年に生まれた男の子の名前は、リオオリンピックにちなんで里桜(りお)という名前だそう。

副島亀里選手がどれだけリオオリンピックにかけているかが伝わってきますね!!そしてそのリオで強豪を倒す快挙を達成したのですからすごい!!

 

○追記

 

家族について調べたところ、副島亀里選手の父や叔父さんも元フィジーのラグビー代表選手だったそうです!!スポーツ一家に生まれたんですね~~

また、ここまで書いてきて説明がありませんでしたが、副島亀里ララボウラティアナラ選手は、日本国籍に帰化しています。副島というのは妻の副島彩さんの苗字、亀里というのは本名を日本語っぽくしてできたのだと思います。

 

 

帰化するまでにも結構エピソードがあります。

まず副島亀里選手は、結婚した翌年日本に来て、ラグビーの実業団チームでプレーすることを希望しました。しかし外国人枠は定員が少なく、実業団選手としての道は断念することになってしまいました。

 

そんな苦難のなか、支えてくれたのは妻の彩さん。

 

亀里さんの代わりに、働く職場と、ラグビーチームを探しだしてくれたのです。当時日本語を話すこともままならなかった亀里さんにとっては、まさに女神だったことでしょう。

そして2013年、日本国籍へ帰化。佐賀県のチームとして国体にも出場し、5位という中々の結果。

しかしチームの玄海タンガロアは不調で、子供のために仕事一本にすることも考えたんだとか。

 

そこでまた妻。

「国籍を取得したのは何のためだったの?」

「桜のユニフォーム(ラグビー代表)を諦めるの?」

と活を入れられ再起動!

 

その後なんと、2014年の国体では長崎を国体優勝に導き、亀里選手は大会MVPに!!

 

この活躍に目をつけた日本代表の瀬川監督により、副島亀里選手は7人制ラグビーの日本代表選手へと選ばれたのです。

 

副島亀里ララボウラティアナラ選手の年収は??

さて、子供4人をお持ちの副島亀里選手ですが、年収はどれくらいなのでしょうか??

しかし調べてみると衝撃の事実が・・・

 

なんと、現在「休職中」だったのです。つまり収入0。

 

なぜ休職しているかというと、リオオリンピックに万全を期すため。

 

それを快く認め、勤務先会社の「シライシ舗道」は、副島亀里選手に1月から長期休暇をとらせてあげているそうです。こういう会社はすごいですね。

 

そして、その間副島亀里選手がお金に困らないようにと、佐賀県ラグビーフットボール協会では「副島亀里選手を応援する会」を結成し、募金などを募っているとのこと。

 

そうやって支えられながらオリンピックの舞台に立っている苦労人なのです。

 

なお、実際にシライシ舗道で働いている場合、作業従事者として月収18~20万円。年収も250万円いけばいいところでしょう。実際はもっと少ないかも。それで6人家族を養うのは難しいですから、奥さんもまだ働いている可能性が高いです。

途中の奥さんと映っている画像では会社の作業着姿でしたね。

昔のインタビューを掘り出してみると、フルタイムで道路などの工事現場で肉体労働をしている、とありました。

 

夏の40度近い気温のなかで、160度にもなるアスファルトを扱っているんだとか。

毎日の苦労の上につかんだ金星。これからの副島亀里選手の活躍が見逃せません!

 

まだまだ書ききれていないエピソードもありますので、随時追加していきますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です