NYマンハッタンのテロで日本人被害者は?動画や場所、ISISとの関連も調査!

こんにちは。

今日は最悪のニュースで目が覚めました。

 

ニューヨークのマンハッタンでテロが発生しました。

・テロの概要(被害者、場所含む)

・テロとイスラム国(ISIS)の関連

について、第一報としてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

テロの概要(被害者、場所含む)

まずは、すぐに状況を理解したい方のために、

現地で撮影された動画も用意しました。こちらからどうぞ。

それでは事件の概要です。

  • テロ日時:日本時間午前4時(11/1)ごろ。現地時間は10/31日午後。
  • テロ場所:NYのマンハッタン、9.11のテロ現場となった貿易センタービル跡地から500mほどの場所
  • テロ内容:道路にある自転車専用通路(レーン)にトラックが突っ込み、自転車に乗る人や歩行者を轢いた
  • テロ被害:少なくとも8人が死亡、15人が怪我。被害者に日本人が含まれるかは調査中。
  • テロ犯人:トラックに乗っていた1人。警官に銃で撃たれ、身柄を拘束されている。

 

テロとイスラム国(ISIS)の関連について

アメリカの警察当局は事件をテロであると断定しています。

こちらのテロの背景にいる組織は何なのでしょうか?

 

その組織を決定付ける情報として、犯人が

「アラー・アクバル(神は偉大なり)」

と叫んでいたという目撃情報があります。

 

イスラム国(ISIS)は、唯一神としてアラーを

信仰しています。

 

信仰するだけなら良いのですが、

自分たちの意にそぐわない国を「アラーのため」

としてテロで攻撃します。

 

犯人が叫んだ「アラー・アクバル」という言葉と

ISISの信仰を照らし合わせると、今回のテロはISISと

関連があるとみて間違いないでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

日本は最近まで北朝鮮の問題などで戦々恐々としていましたが、

海外でもまた別の勢力によるテロなどが日々起こっています。

 

僕たちができることといえば、

「危険な国にはできるだけ近寄らない」

ということ。

 

もし仮に、現場に居合わせてしまったら?

そういうことを日ごろから考えて準備しておくことも、

いざというときの生死を分けるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です