日大三高大塚晃平のドラフトやバッティング評価を調査!サヨナラホームラン動画も!

2018年、第100回の甲子園に出場を決めた日大三高。

その決定打は大塚晃平さんのサヨナラツーランホームランでした。

このような逆転劇を起こした選手には注目が集まりますね。

今回はそんな大塚晃平くんについて、

バッティングの評価

これまでのバッティング動画

ドラフト候補としてはどうか

について書いていきます。

日大三高・大塚晃平のバッティング評価

ファン目線

これまでの大塚晃平くんのバッティング動画

予選決勝(日大三高VS日大鶴ケ丘)のサヨナラツーランホームラン

予選決勝(日大三高VS日大鶴ケ丘)のタイムリーツーベース

春季関東大会のホームラン

 

ドラフト候補としてはどうか

春季関東大会では、37本のホームランを記録している大塚くん。

甲子園の予選大会では、

24打数 10安打(打率.417)打点7 本塁打1

という成績。

予選大会ではヒットは量産しているものの、ホームランは予選決勝で見せたサヨナラ弾のみです。

大塚くんについて注目すべきは、「勝負強さ」だと思います。

上記で紹介した動画を見ていただいてもわかる通り、点数が絡む場面でのタイムリーやホームランなどが多くあります。

この勝負強さを買う球団もありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です