村田沙耶香は彼氏なし!結婚する旦那ができない3つの理由!

 

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した村田沙耶香さんですが、本の内容に加えて気になってくるのが、

「そもそも村田沙耶香さんはどんな人なの??」

ということじゃないでしょうか。

(芥川賞を受賞するような作家さんって一癖も二癖もあるというのは個人的な主観ではないはず・・・)

今回は、

村田沙耶香さんの彼氏や結婚相手はいるのか?

という話題を掘り下げ、

・村田沙耶香に彼氏も、結婚する旦那もできない3つの理由

という内容で書いていきます!!

 

それではどうぞ!!

スポンサーリンク

 

村田沙耶香が彼氏も結婚もできない3つの理由

村田沙耶香

村田沙耶香さんの彼氏とか、結婚相手の旦那さんについて調べても何も出てきません。それはつまり、

「誰も村田沙耶香さんの彼氏や結婚相手に興味がない」

もしくは、

「村田沙耶香さんにそもそも彼氏や結婚相手(旦那)は存在しない」

ということを表していると思います。

村田さんは今年で36歳ですから、そろそろそういう話があってもおかしくない年齢ですよね・・・

 

ツイッターなどを見る限りでも、そのようなことについては一切触れられていませんでした。

普通ならここで調査終了となると思いますが、ここでは村田沙耶香さんがなぜ彼氏も結婚もできないのか??という所にまで踏み込んでいきたいと思います。

 

1.「クレイジー沙耶香」と作家仲間に呼ばれている

彼女の作品は斬新な発想の小説が多く、「殺人出産」は話題を呼び、翻訳されて海外でも出版されているほどです。

そんな村田沙耶香さんですが、作家仲間の間では「クレイジー沙耶香」と呼ばれているんだとか。

それでは誰にでもわかるクレイジーな一面をご紹介します。もうこれが結婚できない理由なんじゃないでしょうか!!

以下、ANNからの引用です!!

 

◎自著『殺人出産』について英会話の先生から質問されたときの答え

→「キル、ワン、パーソン、ボーン、テン、ピープル」と答えた

 

◎自分と結婚したら何のメリットがあるかという質問の答え

「あなたが死んでたら気付くことが出来ます」と答えた

 

◎以前、寝るときに別人になると暴露されていましたが、詳しく聞かせてください

→「別人になってドラえもんとかと遊ぶと寝れるよ、ね?」

(理解不能です・・・)

 

◎小説の書き出しを考えるコーナー

好きな人に告白して「度肝を抜かれましたか?」と聞く

 

その他にも、

◎仕事のモチベーションについて

→モチベーションは「喜」。

 人をあやめるシーンには喜びを感じる。(つまり、そういう著作が多い)

 

何より問題なのは、ツイッターとのギャップではないでしょうか・・・

今日はとっても刺激的で、楽しい一日でした…。優しくお声をかけてくださったみなさま、ありがとうございました。

ツイッターアカウントを見る限り、とても丁寧でふんわりした印象を受けるのですが、中身は相当変わっているみたい。それを受け入れることができる旦那さんは現れるのでしょうか。

 

※追記

 

村田さんについて調べていて、「クレイジー沙耶香」ってこういうことか・・・とわかったので追記します。

村田さんは、とにかく著作がクレイジーすぎる。これに尽きると思います。

この記事でも書いているように彼氏・旦那なしのはずでありながら、性に焦点をあてた異常な設定の著作が多かったです。感想を見れば恐怖や嫌悪感を感じている人が大勢おり、僕も怖くなってしまいました・・・

 

村田沙耶香の本おすすめ5選!感想やランキングは?

 

2.万年コンビニバイトをしているくらい金が無い!?

村田沙耶香さんですが、実は現在もコンビニで週に2~3回アルバイトをしているんだとか。

結婚できない人って、

・安定した収入源がない(お金がない)

・稼いでも自分の趣味に費やす

っていう人が多いと思います。

もし村田沙耶香さんに興味をもってくれる人がいたとしても、生活の中心は小説の執筆になるでしょうから、金銭面でも村田さんをバックアップして応援したい!というような大きな心の男性とめぐりあわない限り難しいというのが現実です。

しかし、芥川賞を受賞した今、小説は飛ぶように売れるでしょうから、少しは金銭的にも余裕が出来てこの点は改善されるかもしれませんね!!

 

ちなみに、芥川賞を受賞した「コンビニ人間」という本は、毎週のアルバイトから着想を得た作品なんだとか。アルバイトするだけでなく、執筆のための人間観察も兼ねているんだそう。

それなら大きいショッピングモールとかスーパーの方が沢山の人を観察できると思いますが・・・笑

 

※お金がないと言う件に関して
村田沙耶香さんの中では、コンビニバイトは作中の世界から常識世界に呼び戻してもらえるという位置づけなんだとか。バイト中レジ打ちしてる時にアイデアが浮かぶとも言っており、バイトをしない日は小説が書けないらしい。

お金がないからバイトしているわけじゃない!という擁護があるかもしれませんが、ここで大事なのは結婚できない理由です。コンビニバイトやめたら小説書けないって、、、主婦にならず万年レジ打ちをしている未来しかないじゃないですか!!!

 

3.人見知りで無口なのに中身がヤバい!顔も白くて疲れてる??

村田沙耶香さんが結婚できない理由の3つめ。それはざっくり言うと人見知りなことと、幸が薄そうなこと!

ツイッターアカウントの自己紹介文では、

小説家の村田沙耶香です。あまりしゃべるのは得意ではないのでインターネットでも無口かもしれませんが、よろしくお願いいたします。

引用:twitterのアカウントコメント

という自信なさげな前置きからはじまり、

昨夜読書会にいらしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。刊行前のゲラを読んでいただき、感想を頂戴し、直接お話ができて、凄く貴重な体 験になりました。とてもうれしかったです。もっとたくさんお話したかったのですが人見知りでごめんなさい。頂いた感想、ずっと大切にします。

と、こんな事を書いてしまうほどの人見知りぶり。

そして冒頭に言ったように中身は「クレイジー沙耶香」なものですから、ツイッターのふんわりした雰囲気につられて話をきいたらそれこそ度肝を抜かれるというものです。

また、少しお顔をみてみると、

村田沙耶香2 村田沙耶香

なんだか顔が白すぎます。。。お疲れなのか、お化粧しすぎなのかわかりませんが、結婚する相手は健康的なほうがいいと言うのが一般的な意見ではないでしょうか。(少し体を休めてほしいというのが個人的な印象です。小説に没頭しすぎて彼氏や旦那さんを放っておくタイプかもしれません)

 

※一応笑顔の素敵な写真も発見しましたので貼っておきます。

村田3

 

 

さて、ここまで「村田沙耶香が彼氏なしで結婚もできない3つの理由」について書いてきました。

結婚できないのは内面的なクレイジーさが問題かと思われます(笑)

ですが今回芥川賞を取ったことで、色々な人間と接点を持つことになると思います。インタビューであったり、サイン会であったり・・・様々な人が近づいてくると思いますが、もしかしたらそんな中で将来の結婚相手にめぐりあうのかもしれませんね。

 

何はともあれ、村田沙耶香さんの今後のご活躍に期待です!!

スポンサーリンク

7 件のコメント

  • コンビニバイトというのは、レジ打ちだけじゃないんですよ。コンビニでの仕事をやったことがないんでしょう。
    小売業の基本の全てが詰まっているところですから、レジ打ちのみならず、品出しやら販売管理、清掃、補充、売上集計などなど、レジ打ちしかできない人はたぶん1カ月も持たないでしょう。また、さまざまなキャンペーンなどもありますから、商品知識やキャンペーン時の接客対応なども求められます。かなり仕事内容的には多岐にわたる業務があり、機転が利き、それらを効率よくこなすことが出来る人でないと無理な仕事です。
    また、ショッピングモールとかの方が人間観察ができるのではということですが、それもそうでしょうが、コンビニの客を見ていると、レジ接客時に素のままの自分を出す人が多く、そういった意味では、人間観察を詳細にできる場所はコンビニは適していると思いますよ。

    • また、単品管理はビジネススクールなどでも取り上げられるほど世界的に有名な販売管理手法をコンビニで学ぶことができます。レジ打ちから品出し、販売・発注、売上管理まで全般的に経験した上で、関連の資格などを取得すれば立派なキャリア経験になると思いますよ。

  • 失礼すぎる。今や30代の4人に1人が独身であり珍しくもない。都会は得に。
     執筆に理解って、結果出してる人間だし。

  • こちらの記事では、結婚に異様に執着していますが、何故でしょうか?仕事や自分の時間に費やしたいなら、自由がいい。家庭に収まるタイプではなさそうです。
    今は強制的に嫁がされる時代ではなく、結婚進学、仕事もどのようにするか選択可能なので、1人で生きていくスタンスの人間も多いのです。なぜ、これだけ高度化した社会で、婚姻に縛られるのか、不思議です。次回は
    これをテーマにされると面白いと思います。

  • 結婚できる年齢がどうとか、主婦にならず万年レジ打ちがどうとか、写真を上げては肌が白くて不健康がどうとか、よくもまあそんなこと易々と書けるよな。恥ずかしくないの?笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です