守谷慧の家柄と経歴は?勤務先の年収や両親も金持ちエリートなのか調査!

この度、高円宮家の三女絢子さまと近く婚約される守谷慧さんですが、

「どんな結婚相手なの?」

「きちんとした家柄の人?」

というような声も上がっていました。

そこで今回は、

  • 守谷慧の経歴
  • 守谷慧さんの現在の勤務先と年収
  • 守谷慧さんの家柄や、両親について

を調べてみました。

守谷慧の経歴は曇りなし?幼稚園から筋金入りのエリート街道!

まずはこちらがお相手の守谷慧さん。

現在、日本郵船にお勤め(詳しくは後述)の32歳のお方です。

スーツがびしっと決まった32歳ですね!!風格があります。

SNSでも「スーツが似合っていて格好いい」「チャラついてない」「落ち着いている」と評判も上々です。

さて、経歴ですが、幼稚園から上流階級コースをたどってきていることがわかりました。

幼稚園はなんとパリ。

小学校からは日本におり、港区立白金小学校に通いました。

そこから私立高輪中学校・高校と上がっていき、大学は慶應義塾大学文学部に入学。

慶応義塾大学に在籍の際にオックスフォード大学(イギリス)に短期留学もしていたそうです。

そして、現在は、日本郵船に入社してお勤めされています。

経歴だけ見ても、一般の人からしたら目が回るような輝かしいコースをたどっていますよね。

小学校とかも「白金小学校ってあの白金???」と、上流階級の住む町という印象だったので、守谷家は相当な家柄で、お金持ちなのではないかと思われます。

この点はこの後詳しく調べていきます。

スポンサードリンク

守谷慧さんの現在の勤務先は?

先ほども経歴のところで話題になりましたが、守谷慧さんは日本郵船というエリート商社に勤めています。

岩崎弥太郎が作った会社ということでも有名ですね。以前ドラマやっていた頃が懐かしい。香川照之がいい味だしてました。

で、日本郵船は、商船三井や川崎汽船と並ぶ三大商社です。

お給料については30代で年収900~1000万円台になるとも言われている会社です。

守谷慧さんは、故人である母の意思を受け継いでNPO法人での活動にも取り組まれています。この話題については以下の記事で触れています。

高円宮絢子様と守谷慧の馴れ初めは?出会いは母のNPO活動のおかげ?

もしかしたらNPO法人の活動でお金を使うこともあるのかもしれませんが、年収1000万円クラスでしたら、それを含めて考えても安定した家庭を築くことが出来ると言えますね。

そういえば、守谷さんは会社やNPOでも評判は上々のようです。詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみてください♪

守谷慧の性格や酒豪の噂は?人柄の評判は同僚やNPOではどう?

スポンサードリンク

守谷慧さんの家柄は?両親も金持ちやエリートなのか調査!

守谷慧さんさんがここまでのエリートとなると、当然家柄や両親についても気になって来ますね。

慶應ボーイで銀行勤務でも結局・・・なんて人もいたので(^^;

先に結論を言うと、守谷慧さんについてはとても安心ができそうな家系・血筋だということがわかりました。

守谷慧さんの父・守谷治(おさむ)さんのプロフィール

守谷慧さんの父親は、守谷治(おさむ)さん。

なんと、元官僚で、経済産業省では貿易関係のエキスパートと言われていたそうです。

守谷慧さんは日本郵船に勤められていますが、本人の実力に加えて、父親のコネクションもあったのかな、なんて思ってしまいます。

守谷治さんは現在すでに退官しており、日本アルコール販売で常務執行役員をつとめられています。

守谷慧さんの母・守谷季美枝(きみえ)さんのプロフィール

守谷慧さんの母親は、守谷季美枝(きみえ)さんです。

2015年に亡くなられているのですが、それまではNPO法人「国境なき子どもたち」で子供の雇用のために尽力されていました。

季美枝さんはその際に、絢子様の母にあたる久子様と懇意な関係になったということです。

そこから現在の守谷慧さんと絢子さまの関係に繋がっているのですから、ご縁って本当にあるんだなと感じてしまいますね。

守谷さんと絢子さまの出会いや馴れ初めについては以下の記事で詳しく書いています。

高円宮絢子様と守谷慧の馴れ初めは?出会いは母のNPO活動のおかげ?

ここまで、守谷慧さんのご家族についても見てきましたが、父は経産省の貿易のエキスパート、そして母はNPO法人の専務理事ということでした。

特に父の守谷治さんの年収は高そうですね。

1955生まれで、経済産業省(当時の通商産業省)には1979年に入省し、2006年に退官していますから、退官時は50歳ですね。

経済産業省の50代の年収は1600万円超と言われています。

課長などの役職も任されていたので、役職手当などでもっと多くの給料を稼いでいたかもしれません。

そんな稼ぎ頭もおりますし、日本最高峰の地価である白金に住居を構えているようなお家柄ですから、守谷家は絢子さまの嫁ぎ先として全く問題のなく、素晴らしいといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です