MENSA歓喜?鈴木完吾「書き時計」海外の反応と出身高校・就職先など

「書き時計」の制作者として一躍有名人となった芸工大生の鈴木完吾さんが、JAPAN MENSAの会員であることがわかった。

 以前の記事:「書き時計」原理はゼネバ歯車!鈴木完吾さん展覧会と他作品まとめ

 

鈴木完吾さんの所属するJAPAN MENSAとはどのようなところなのかなどに合わせ、出身地・高校・大学・就職先などのプロフィールをまとめる。最後に、書き時計の海外での反応・反響はどうなのかをここに書いていく。

制作者はJAPAN MENSAの会員

メンサとは

MENSA(メンサ)とは、1946年にイギリスで創設された、全人口の内上位2%のIQ(知能指数)の持ち主であれば、誰でも入れる国際グループです。 メンサは、世界100ヶ国以上、10万人以上の会員を持つ国際的グループです。 メンサはメンバー同士の知的交流の場を提供します。その活動は、講義、ミーティング、会報、特定の趣味を持つグループ、 地域レベル・国レベル・世界レベルのイベントによる交流を含んでいます。 そして知能に関するプロジェクトでメンサの内部や外部の研究者への協力を行います。

MENSAの概要

  • 会員資格は全人口の上位2%のIQを持っていること
  • 入会テスト(1万円)でIQをはかり、認められれば会員になれる
  • 会員数は全世界で12万人ほど
  • 世界40カ国に支部がある
  • 日本には1800人ほどの会員がいる

 

さて、ここで鈴木完吾さんのfacebookとtwitterを見てみよう。

 

2014年にはJAPAN MENSAの会員資格を証明するカード、そして現在のtwitterアカウントにもJAPAN MENSA の文字がはっきりとある。(横のTUADというのは東北芸術工科大学Tōhoku University of Art & Designの通称)

3月下旬に入会テスト受けてからやっと今日カードが届きました^_^これ一生使うことないんだろーなーって思いながら自慢アイテムとして潜ませときます(笑)

Posted by 鈴木 完吾 on 2014年5月11日

suzukikango

 

スポンサードリンク

MENSA会員だということについてネットでの反応

  • MENSA会員みたいだし色々とIQ高くて頭おかしいくらいに頭いいんだろ
  • JAPAN MENSAのメンバーとかガチで知能高くて草生える
  • 作った子はMENSA会員か
    やっぱ頭の作りが違うんだな

現時点ではそもそも鈴木さんがMENSA会員であることに気づいている人の方が少ないように思える。通称”天才”の頭脳をもつと言われるMENSA会員。その資格を誇示する者も多くいるというが、鈴木さんはそこまで主張が激しいようではないと感じている。

「何もなしていない、ゲームやっているだけ」「テスト代金を払えば入れるくらい」などと揶揄されることもあるが、今回のようなまさに”天才的”といえる発想を形にしたことについて、JAPAN MENSA、そしてその会員たちは歓喜しているのではないだろうか。

これからメディア報道などが大々的になされていく中で、その様子も明らかになるかも知れない。

次のページ >> 鈴木さんの出身地・高校・大学・就職先

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です