【熊本地震】エクアドル地震に関係?日本への津波はいつ?

 

4月17日の午前9時ごろ(日本時間)、南米エクアドルの太平洋沿岸を震源とした大地震が起こりました。以前南米チリで大地震があった時は日本にまで津波の影響がありましたから、今回も津波が来ると考えて間違いないです。津波は日本にいつ到達するのか、その規模はどれくらいになるのかまとめました。

エクアドル大地震

概要

エクアドル地震

報道によって規模は誤差があるようですが、マグニチュードは7.7~7.8程であり、7後半と思っておけばよいでしょう。

震源は上図のとおり太平洋沿岸であり、津波が起こるのは確実です。

 

熊本地震がエクアドルに影響を与えた可能性

今回日本で地震が頻発している中、いきなりのエクアドルでの大地震が起こりました。皆さんはなぜこんなにも離れたところでありながら、立て続けに地震が起こるのか不思議な方もいるのではないでしょうか。

しかし、一般の人の知識レベルでも簡単にわかるような関係が、日本とエクアドルにはあったのです。以下の図をご覧ください。

熊本地震 エクアドル 環太平洋造山帯

こちらは、「環太平洋造山帯」という世界を大きな範囲でつなげている造山帯の図です。濃くなっている部分が環太平洋造山帯であり、日本を含め、最終的に南米のエクアドルやチリまでつながっていることがわかります。

熊本で頻発した大地震がプレートを伝って南米にまで影響を与えたと考えられます。

 

スポンサードリンク

 

日本への津波の影響は??

現在気象庁などは調査中としていますが、昔起こったチリ大地震を考えてみると想定できますね。

 

2014年4月2日にチリで起こったマグニチュード8.2の大地震。今回のエクアドル地震よりも大規模ですね。

以下の図は以前のチリ地震のものですから、お間違えなく。

チリ地震

日本時間にしてこの時も9時ごろ地震が発生していますが、日本に到達したのは翌日の午前5時~8時ほどでした。

北海道東部 午前5時

関東相模湾 午前6時

三浦半島 午前6時

高知県 午前7時

鹿児島県 午前7時半

沖縄 午前8時

 

つまり、日本に津波が来るとしたら4月18日の午前5時~8時くらいになると想定できます。沿岸に住んでいる方は注意してください。津波は地震よりも恐ろしいですから。

 

追記

太平洋津波警報センターによりますと、今回のエクアドル地震による日本への津波の影響はほぼないとのことです。

エクアドルでの地震の被害は甚大なものとなりましたが、ひとまず日本は安心だとおもっていませんか?現在地震が起こっている断層帯にはまだ巨大な地震が起こる可能性があります。

【熊本地震】布田川・日奈久断層帯と中央構造線に注意!!

 

直近の熊本地震について、南海トラフ巨大地震との関連はこちらの記事から。

【熊本震度7】南海トラフ地震の前兆?2016の予言も!

以下の記事は大きな断層帯として見た時の関係性を書いています。

【中央構造線地震】南海トラフと阿蘇山に関係?熊本地震は前兆か

 

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。直近の太平洋津波警報センターの発表によりますと、「津波の危険はほぼなくなった」とのことです。記事中にも追記致します。また何か疑問がございましたら是非ご質問ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です