コーラン暗唱方法!カタカナと日本語訳!音声動画でテロ対策

7月のバングラデシュ・ダッカ人質テロ事件で、「コーラン」を暗唱できない人質は拷問されて殺されるという悲惨な結果となりました。日本人も8人が巻き込まれており、7人は死亡しました。

日本人であることはテロに対して全くの無意味であり、むしろ異教徒であることから殺害のターゲットだということです。

 

今回の事件で、こう思われた方は多かったはず。

「コーランを暗唱できれば、生き残れたかも」

確かに、人質の中ではコーランを暗唱できれば殺されなかった可能性が高いです。

この記事では、コーランについて、

  • コーランを暗唱するなら、第一に覚えるべき章とは
  • コーランで暗記・暗唱必須の開端章の覚え方
  • コーランを暗唱できれば助かった?

と言うことについて書いていきます。

郷に入っては郷に従え、と言いますが、イスラム国のテロに巻き込まれる可能性がある人ならば「身を守る術」として少しでも覚える努力をするのも手ではないでしょうか。

この記事がそのお手伝いになれば幸いです。

スポンサーリンク

 

コーランで暗記・暗唱が必須な開端章(アル=ファーティハ)の内容とその覚え方(カタカナ・音声動画あり)

コーランにも覚えるべき優先順位がある!!

コーランと言っても多くの章があります。正直全部覚えるのは無理でしょう。

しかし思い出してみてください。お経を覚えると言ってもまずは覚えるべき「南無阿弥陀仏」がありましたよね?

コーランにも入信している人なら必ず覚えるべき章があります。

開端章(アル=ファーティハ)と呼ばれるもので、ムスリム(=信者のこと)が1日に何度も何度も読む章です。

「開端章を読まない者に礼拝はない」と言われるほどで、一人のムスリムは礼拝時に必ずこの章を読まなくてはなりません。

様々な意見はあると思いますが、今回の事件で「コーランを暗唱させる」時に、この章が言えれば助かっていたかもしれませんね。ちなみに7つの文(アーヤ)から成ります。

7つの文を覚えて助かる確率が上がるなら、やりましょう。

 

日本人が開端章の暗唱をする方法はカタカナ読みが一番!!

ポイントは以下の通りです。

1、音声動画を聞きつつ

2、カタカナ読みを見ながら

3、自分も発音する

7文ですから、1日数回唱えていれば覚えられるレベルだと思います。英語が全く分からなくても、洋楽の曲は覚えられたりするじゃないですか。その調子で頑張りましょう。

音声動画の下に、カタカナ・日本語訳を載せておきますので、併せて見ると効果的だと思います。

■開端章の音声動画(カタカナ・日本語訳つき)↓

ビスミッラーヒル ラハマーニル ラヒーム
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において
(※この文はムスリムが行動を起こすときに最初に読む言葉)

 

アルハムドゥ リッラーヒ ラッビル アーラミーン
万有の主,アッラーにこそ凡(すべ)ての称讃あれ

 

アッラハマーニル ラヒーム
慈悲あまねく慈愛深き御方

 

マーリキ ヤウミッディーン
最後の審きの日の主宰者

 

イイヤーカ ナアブドゥ ワ イイヤーカ ナスタイーン
わたしたちはあなたにのみ崇め仕え,あなたにのみ御助けを請い願う

 

イヒディナッスィラータル ムスタキーム
わたしたちを正しい道に導きたまえ

 

スィラータッラズィーナ アンアムタ アライヒム ガイリル マグドゥービ
アライヒム ワラッダーッリーン

あなたが御恵みを下された人々の道に,あなたの怒りを受けし者,
また踏み迷える人々の道ではなく

 

スポンサードリンク

まとめ (コーランが暗唱できれば助かった?)

ここまでコーランの暗記方法について書いてきましたが、コーランが暗唱できていれば本当に助かったのか?と言う議論があります。

「コーランを暗唱しろ」

と言っていることがわからなかったら、暗唱することさえできないじゃないか、と。まさにその通りだとは思います。

今回、武装集団は「アッラー・アクバル(神は偉大なり)!」と叫んで襲撃してきたということから、少し頭を使えば「アッラー」から連想して「これはイスラム国によるテロか?」と判断できたとは思います。

そして、逃げきれず人質にされてしまったならば、必死にコーランを暗唱していれば殺されることはなかったかもしれません。

 

そう考えると、「コーランを覚えておけば助かる可能性を上げることはできた」ということを否定することはできないと思います。

 

まとめると、やはり「郷に入っては郷に従え」であり、異なる思想・文化のもとに飛び込むときはそれ相応の努力と覚悟をすべきだと思います。

海外旅行でも挨拶やお礼は覚えていきますよね。それと同じなんです。

今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です