過労死男性の不動産関連IT企業の会社名は?東京都豊島区を徹底調査

今日衝撃的なニュースが。

東京都のIT企業で、当時28歳の男性社員が過労死しており、2018年4月に労災認定されたそうです。

それも、過労死する3か月前は月184時間もの残業をしていたんだとか。

20営業日だとして1日に換算しても9時間行きますよ。

そんな人権無視の働き方をさせるIT企業がどこなのか、調査しました。

ピックアップ:新しいタブで開きます

当サイトとしてはレックアイが当該企業だと特定しました。根拠は以下の記事で述べます。

●鈴木徳之(レックアイ社長)の経歴や家族は?高校や大学と出身地域も特定!

IT企業の28歳男性が過労死してから労災認定されるまで

不動産関連のIT会社(東京都豊島区)で、裁量労働制を適用されて働いていた男性社員=当時(28)=が昨年、くも膜下出血で死亡し、池袋労働基準監督署(東京)が今年4月に過労死として労災認定していたことが16日、分かった。遺族側代理人が明らかにした。労基署は最長で月約184時間の残業を認定した。

この男性の会社での背景としては、

  • 2013年5月に入社し、システム開発業務に従事
  • 2017年7月にチームリーダーに昇格
  • 昇格とともに「専門業務型裁量労働制」を適用された

というような状況だったそうです。

裁量労働制というのは、

「労働時間を実労働時間ではなく一定の時間とみなす制度 」

です。

効率的に働いて成果をあげればメリットになりますが、逆に言えば仕事が終わらず残業をせざるを得ない状況でも残業代は発生しません。

なぜなら、労働時間は一定になっているからです。

そんな中、この男性は早くも同じ月の下旬には「頭が痛い」と家族に訴えていたそう。

そして8月18日に自宅のアパートで死亡しているのを発見されました。

労働基準監督署の認定は以下の通りです。

  • 死亡前2カ月の残業時間は平均87時間だった
  • 死亡前3カ月は月約184時間だった
  • 昨年7月4~6日にかけては、納期に追われて会社に泊まり込みで連続3日間勤務していた

過労死した男性の母親は、

「今後、息子と同じような犠牲者が出ないように会社に求めます」

とコメントするも、

当のIT企業が出したコメントは

「担当が不在であり、認定通知を受け取っていない」

という意識が欠如した内容。

4月に労災認定下りているんだから、通知は来ているでしょ。

極悪非道な不動産関連IT企業とは、どこなのか?

分かっていることは以下の条件です。

  • 東京都豊島区のIT企業
  • 不動産関連の会社である

ということ。

以下、条件に当てはまる候補を挙げていきます。

あくまで候補であり確定ではないため、誹謗中傷などには十分お気をつけください。

当サイトも皆さまが当該企業を調査する代役として、皆さまに検索結果をシェアするという位置づけで行っていきますのでよろしくお願いいたします。

候補1.株式会社レックアイ

所在地:東京都豊島区南池袋2丁目30-17 朝日生命南池袋ビル6F

事業内容:不動産システムのパッケージ製品の開発など。

不動産会社向けIT化支援コンサルティングサービス(2003年11月~ )から始まった会社のようです。

 

ピックアップ

当サイトとしてはレックアイが当該企業だと特定しました。根拠は以下の記事で述べます。

●鈴木徳之(レックアイ社長)の経歴や家族は?高校や大学と出身地域も特定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です