過労自殺の日大教授は誰で顔画像は?内田監督が人事部長に問題ありか?

日本大学の教授が2014年に逝去した件が、実は過労が原因の自殺だったと報道されました。

池袋の労働基準監督署が労災の認定をしていたとのこと。

今回は、

・過労死・過労自殺した教授は誰なのか(顔画像含む)

・人事部長だった内田監督の管理は適切だったのか

について書いていきます。

過労自殺の日大教授は誰?

調査中です。

2014年に訃報があった日本大学の教授を調べています。

情報をお持ちの方は是非コメント欄へお願いします。

今調べているのですが、

2014年に現職の教授について表向きの訃報はないように見えます。

これは日大側も、御遺族もあまり表向きにしたくないという希望があったのかもしれません。

スポンサードリンク

日大教授の顔画像は?

現在調査中です。

日大教授の自殺理由はうつだった?

当該の教授は2週間の連続勤務もあり、

労働基準監督署は、長時間労働によりうつ病を発症したと判断し、2016年5月には過労自殺だったと認定していたそう。

労災認定を公表していなかったのは、遺族からの要望だったといいます。

日大からお金をもらっていたとか、そういうのもあるのかな?

スポンサードリンク

日大教授の一件を知った人の声

不祥事や、不祥事でなくとも色々出てくる日大。

人気も落ちてしまうのでしょうか。

スポンサードリンク

人事部長はアメフト内田監督の時代!管理に問題ありか?

教授が自殺した2014年、このとき日大の人事部長は、

日大アメフト部の内田正人監督でした。

選手に悪質な反則タックルを指示するなど、アメリカンフットボール界を揺るがす事態となったことは記憶に新しいと思います。

それがまた、出てきた。

自分が人事部長だったんですから、こういう問題も内田監督は丸く収めたんでしょう。

どんな内容か、調査については以下の通り。

  • 池袋労基署は15年、遺族の労災申請を受け、教授の所属学部の立ち入り調査を実施した
  • 職員との間で締結していた労使協定(三六協定)では、3カ月の残業の上限時間が最長で計180時間までとされていた
  • 残業が計約260時間に及ぶ技術職員がいた
  • 違法残業があったとして是正勧告した

現在、日大としては、

「日大は「効率的な人事配置によって、業務量の改善に努めた」

と、改善に務めたことをアピール。

ただ、改善したとは言ってない・・・

というか、こんなところでも内田監督出てきて散々ですね!!

今は監督でもないし、日大も懲戒解雇されているし・・・

家でニュース見て驚いているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です