【茨城地震】首都圏直下型地震と関係・予言は?【震度5弱】

スポンサードリンク

7月17日にも茨城県の同じ震源で震度4の地震が起こりました。同じ震源であることから、この記事の考察はそのまま当てはまるものと思われます。ご参考にしてください。(追記)

本日5月16日の午後9時23分ごろ、茨城県南部で地震が発生しました。このページでは茨城地震と首都圏直下型地震の関連性・関係について触れるとともに、噂されている予言についても書いていきます。

スポンサーリンク

茨城地震は震度5弱

詳細

最大震度は5弱で、茨城県小美玉市が最大でした。

現在わかる震源の深さは約40km、地震の規模はM5.8、最大震度5弱と推定されています。

9ZdBoydxwzBwjrpCMEhkZvHKmAlzaVYJ2sg_wIwCIv92M3f.Ce0eKPzeMPSFPpmSmoY7
震度5弱
茨城県 小美玉市
震度4
茨城県 水戸市  土浦市  茨城古河市  石岡市  龍ケ崎市  下妻市  常総市  笠間市  取手市  牛久市  つくば市  ひたちなか市  茨城鹿嶋市  潮来市  守谷市  那珂市  筑西市  坂東市  稲敷市  かすみがうら市  桜川市  神栖市  行方市  鉾田市  つくばみらい市  茨城町  城里町  東海村  美浦村  阿見町
栃木県 栃木市  真岡市  下野市
埼玉県 さいたま北区  さいたま見沼区  さいたま浦和区  川口市  加須市  春日部市  草加市  戸田市  久喜市  八潮市  三郷市  幸手市  吉川市  白岡市  宮代町
千葉県 松戸市  野田市  成田市  柏市  流山市  鎌ケ谷市  香取市  栄町
神奈川県 横浜緑区 

 

茨城地震 震度5弱と首都圏直下型地震の関係は??

他の大地震の記事についてはこちらをご覧ください。

カテゴリ災害(熊本地震、南海トラフ、東海地震など)

 

首都圏直下型地震との関連性を考えるにあたって、まずは今回の茨城地震の震源や震度分布を見ていきましょう。

茨城地震 震度5弱の震源・震度分布

今回の震源は茨城県南部の小美玉でした。

茨城地震

小美玉市で以前までにどんな地震があったのか、過去にさかのぼって調べてみました。(以下)

今までで一番大きな地震でも震度6弱。それも東日本大震災の時のM9もの地震での話です。今回は、今まで茨城県小美玉市で経験した地震のなかで「3、4番目に震度の強い地震」と言うことがわかります。

 

震度 小美玉市小川で各震度を観測した最新の地震
発生日時 震源地 地震名
2016年04月30日時点
6弱 2011/03/11 14:46:18 三陸沖 9 東日本大震災
5強 2011/03/11 15:15:34 茨城県沖 7.6
5弱 2011/04/11 17:16:12 福島県浜通り 7 福島県浜通り地震
2015/05/25 14:28:10 埼玉県北部 5.5
2016/03/31 11:48:26 茨城県南部 4.3
2016/03/31 15:19:05 茨城県南部 3.3
2016/04/28 22:57:39 茨城県沖 3.8

この観測点において、観測が実施されていない期間を含む場合があります。

出典:http://jisin.jpn.org/stat-omitama2.html

 

政府の発表している首都圏直下型地震の予想震源

直下型 震度分布

出典:内閣府 http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/index.html

日本政府が発表している首都圏直下型地震の予想震源は「東京湾北部」です。

それでは今回の茨城地震の震度分布を以下に載せて見ます。

9ZdBoydxwzBwjrpCMEhkZvHKmAlzaVYJ2sg_wIwCIv92M3f.Ce0eKPzeMPSFPpmSmoY7

 

これだけではまだ関連性はあまり見えてきません。それでは茨城県であった過去の地震を調べていくと、茨城県南部あたりで起こる地震の特性が見えてきました。

茨城 昔の地震

上記の震度分布は2014年9月16日に起こった、茨城県南部を震源とする地震です。この時茨城県地震は震度4程度でしたが、近くでは震度5弱も観測されました。

この地震を調べてわかったことは、

・震源の茨城県南部は「地震の巣」と呼ばれる地震の発生頻出地点で、過去にもM6程度の揺れが頻繁に観測されている

茨城県南部の地下では陸側のプレートの下に海側の2つのプレートが沈み込んでいるため、ひずみがたまりやすく地震が起きやすい

・プレート境界で発生したという点で茨城県南部で想定されている首都直下の地震と類似しているが、今回の地震が大きな地震につながるかどうかは分からない

ということ。つまり茨城県南部での地震はプレート境界で発生した地震の可能性が高いということ。そしてそれは政府が想定している首都圏直下の地震との類似性が高いということです。

このサイトでは、茨城地震は政府の想定する首都圏直下の地震と関連性があるということを伝えておきたいと思います。

何か大地震が起こる予言は??

2chなどでは5月17日に南海トラフ地震が来るということが言われていますね。なんでも未来人の予言なんだとか。

 

しかしどうでしょう。今回の地震を考えてみると、次に来るのは首都圏直下型の地震の可能性が浮上してきました。

「5月17日にすごい地震が来るかも。」そんな感覚で、なんとなく南海トラフと関連付けているとしたら安易です。しかし今回の茨城地震を鑑みると首都圏直下型の地震は想定しておくべきだと思います。

他の地震記事はこちらの災害カテゴリなどからどうぞ。

カテゴリ災害(熊本地震、南海トラフ、東海地震など)

【熊本震度7】南海トラフ地震の前兆?2016の予言も!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 今回の利根川直下の地震、あれは相当昔から年に数回は起こっている地震です。
    東日本大震災の前は必ず震度4止まりでした。あれから狂ってしばらく停止し、
    再開したら震度5に跳ね上がって恐怖を覚えました。
    あの震源は守谷のキリンビール辺りではないかと……。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です