表参道ヒルズの飛び降り場所は?転落現場に近づかないよう注意!

8月27日の昼頃、表参道ヒルズで飛び降り事件がありました。

表参道ヒルズっておしゃれなところですよね、

そんなところで飛び降りようとした理由って

なんなんでしょうか??

 

それはともかく、

 

僕たちが意識しておくべきなのは、

 

もし表参道ヒルズに行くなら、

現場には近寄りたくないな・・・

 

ってことですね。

 

この記事を読んだら現場の場所には

近寄らないようにしましょう。

スポンサーリンク

表参道ヒルズで飛び降り

 

簡単にまとめておきます。

 

  • 場所:表参道ヒルズ
  • 時間:午後0時くらい
  • 場所詳細:表参道ヒルズの吹き抜け
  • 人物:50代男性
  • 容態:すでに亡くなった

 

 

表参道ヒルズの飛び降り場所

 

こういう現場には近寄りたくないですよね。

もし表参道ヒルズに行くとしたら、注意しましょう。

 

表参道ヒルズでの飛び降り場所は吹き抜けでした。

吹き抜け

行ったことある方はわかるかもしれませんが、

凄くおしゃれな感じですよね。

 

そんなムードは一変させられたわけですが・・・

 

こんなのデート中に見たら、

忘れられない夏の記憶になってしまいますよ。

 

絶対表参道ヒルズは行かなくなりますね。

 

実際、今回の飛び降りは

二階から飛び降りたって報道されてますが、

 

正しく言うと、

二階から地下二階

で転落しています。

わかりやすいようにフロアマップを見てみましょうか。

 

フロアマップ

こんな感じになってます。

吹き抜けは地下二階までみたいです。

 

表参道ヒルズに行く予定のあるかたへ。

 

転落場所は地下二階なので、

吹き抜けに近寄らない、というのはムリだとしても、

地下二階には近寄らない

のがベストでしょう。

 

現場には跡も残っていますからね。

 

10メートル以上から飛び降りると、

 

人間を地面からはがすようにしないといけない

 

ということもあるそうですから。

 

ヤバいですね。

 

スポンサードリンク

本当は落ちて怪我をするくらいのつもりだった??

 

2階から飛び降りって、本気ならもう一個上の階に行かないか?

こんなことを言っている人がいました。

 

鋭いですね。

 

それに関してまず思うのは、

 

人間っていったい、

どれくらいの高さから飛び降りても生きられるの?

 

というところだと思います。

 

これって知らない人も多いと思ったので、調べてみました。

 

自分が高いところにいて、

これくらい高いから危険、とかって判断する処世術にもなりますからね。

 

 

例えば、10メートル(ビルの3階相当)の高さから落ちると

着地時の速度は50キロほどである。

このような高速で舗装道路に激突すれば、

かなりの衝撃を受 け死もしくは重傷を負うことになる

引用:wikipedia

 

ちなみに、45m以上から飛び降りた場合の生還例は、

ほとんどないということです。

 

※アメリカで、ビルの47階(約150メートル)から転落して、

助かったというまれな例はある。

 

さて、じゃあ今回の場合はどうだったんでしょうか。

 

実際のところ、

二階から地下二階までで10メートル以上はあります。

 

ということは、10メートル以上ということで、

 

重傷もしくは亡くなる

 

といったレベルにはいる感じです。

 

なので、本気ではあったのでしょう。

 

まとめ

 

何度も繰り返していますが、事件現場には近寄らない。

 

これがベストです。

 

また、覚えておくべきこととして、

 

10メートル以上の高さの場所は危ない

 

ということも頭に入れておきましょう。

 

それでは、皆さんご安全に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です