浜田文子の父親は?昔の美人画像と現在の比較!太ったが彼氏はいるのか?

女子プロレスの浜田文子さんが、覚せい剤の使用で逮捕されました。

最近のプロレスの試合を体調不良により休場しており、それが話題になっていたのですが、休場の理由となったのが今回の逮捕だったようです。

休場があった試合の最後に、逮捕されたということのお詫びなどのアナウンスがあったようです。

今回は浜田文子(あやこ)さんの逮捕までの経緯に加えて、

浜田さんの父親や彼氏、昔の美貌や現在との比較についてまとめました。

浜田文子さんの父親はプロレス界のレジェンド?

浜田文子さんの父親は、プロレスラー「グラン浜田」さん。

業界では伝説のレスラーと言われるほどのお方です。

浜田文子さんはグラン浜田さんの四女。血統書付きのプロレスラーだったということですね。

浜田文子さんのプロフィール

メキシコ出身で、本名は「アヤコ・バレンティナ・ハマダ・ビジャレアル」というらしいです。

父親であるグラン浜田さんは日本人ですから、母親がメキシコの方ということになりますね。

1981年2月14日生まれで、今回の逮捕騒動のときには37歳。

プロレスラーとしては経験も多く積み脂ののった時期だったことでしょう。

2018年4月19日には、浜田文子さんは仙女後楽園大会でチャンピオンになったばかり。

覚せい剤騒動について

今回、覚せい剤の使用が発覚した経緯をお話します。

逮捕容疑は4月下旬~5月中旬ごろ、覚せい剤を使用した疑い。

同署によると、興行を予定していた13日に浜田容疑者から所属団体の関係者に「4人の刃物を持った者が私を狙っている」というメールがあり、連絡を受けた署員が自宅を訪問。言動に不審な点があったため任意で尿を調べたところ、陽性反応が出たという。

出典:時事通信社

覚せい剤を使用したのは4月下旬ごろということで最近なのですね。

「自分を狙っている」などという錯乱した状態は薬物によって引き起こされると言われる症状ですね。

今回の発覚の経緯を見ると、

  • 浜田さんが警察に「狙われている」と助けを求める
  • 警察が自宅訪問したら浜田さんの言動が不審だった
  • 任意で尿を調べたら陽性だった

ということで、自分から捕まりに行ったようなものです。

それだけ思考が混乱している状態だったのかもしれません。

というか、「尿を調べさせてもらえますか?」と言うのはいいですが、相手はプロレスラーですよね。

本気で攻撃されたら、警察の方もヤバそうだから、結構ビビったんじゃないかな・・・(^^;

現在太ってるが体重やカップは?

現在は結構ぽっちゃりしている、と言われている浜田さん。

プロフィールを調べると、体重は65キロとありました。

身長が162センチなのに対して考えると、体はごついですね。

女子プロレスの方は、格好いい太り方というか、スポーツマンらしさが際立ちますね。

浜田さんのスタイルやカップについての報道を調べたところ、

女子中学生の時に97センチでHカップ

というものがありました。

メキシコというとスタイルが良いイメージがありますが、浜田さんは中学生の頃から成長が著しい方だったんですね~

昔の浜田さんが超美人!水着写真集も出版

現在でこそ太っているなどと言われていますが、昔の浜田さんは超美人との噂が。

調べてみたところ、めっちゃ美人でした。細い。

ガチガチのプロレスラーというよりは、健康的な女性という印象を受けますね。

リングに上がっていない女子プロレスラーの女性的な一面ということで、話題になっていたようです。

このときもちゃんとリングに上がっていますからね。

↑リングではこういう感じ。

父親のグラン浜田さんとリングをともにしたときの画像です。

やはり化粧なども女性らしく仕上げている感じですね。

現在の画像と比較すると、こう。

顔の輪郭もめっちゃ違いますが、やはり変わったのは化粧か。

年齢によって肌も変化して、化粧を変える必要が出てきた可能性もありますし、どこか方向性が変わる出来事があったのかもしれません。

浜田さんの彼氏や結婚の噂は?

浜田さんの先ほどの美貌、そしてプロレスラーとしてリングの上で魅せる格好良さ。

これを考えると、男性でもほれ込んでしまう方が多いのではないでしょうか。

特に同業のプロレスラーとか。

ただ、問題は父親のグラン浜田さんかな・・・

男として強さを認められないと、結婚を許してもらえなかったりして(笑)

リサーチしたところ、浜田さんはまだ結婚はされていないようで、彼氏などとの熱愛報道などもありませんね。

今回このような報道がありましたが、父親のグラン浜田さんをはじめとして、家族だったり恋人などがいたら、そういう方にも大きな迷惑がかかる事件です。

それだけではなく、プロレスという業界全体にもかかわってくる大きな大きな事件。

団体に所属して活動するということは、そういう責任も背負ってやっていくということを忘れてはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です