日本ボクシング連盟の告発状第二弾の内容全文!金銭・審判不正の新事実情報は?

8月6日時点で、日本ボクシング連盟の不祥事は未だ収束方向に向かう兆しがありません。

というのも、会長本人が

「連盟に落ち度はない」
「会長としての進退も考えない」

と主張しているからです。

その事態を踏まえ、今回の内容の告発側である「日本ボクシングを再興する会」は、現在までは公表していなかった「告発状第二弾」を用意し、

日本ボクシング連盟の浄化への決定打としようと考えているようです。

となると、その告発状の第二弾(新情報)が気になってきます。

今回は、

・告発状第二弾で新たに公開される内容

・告発会見で話した内容の全文

について書いていきます。

■ボクシング問題の全記事はこちら■

告発会見の日程はいつ?

こちらは別記事で詳細に書いていきます。

端的にいうと、

8月8日の15時ごろ、霞が関の弁護士会館にて、告発会見を行う

と発表がありました。

テレビ中継があるかも調べてみましたが、

「生放送はしない」

という取り決めとのことです。

スポンサードリンク

告発状第二弾で新たに公開される内容

新たに公開される内容として、「日本ボクシングを再興する会」が挙げているのは、

・会長の金銭問題

・審判不正の確固たる証拠

とのこと。

ただこれまで、山根会長に関しては多くの金銭的な不正流用とみられるものがあります。

たとえば、

・オリンピック助成金の問題

・グローブ独占販売の問題

・オリンピック基金の不適切会計問題

があります。

これらについて、もう既にヤバイ問題だと思っていたんですが、

ボクシングを再興する会の会長「鶴木良夫」さんは、

今まで出ていたのは氷山の一角で、本当の問題に比べると小さなもの

と断じています。

つまり、

  • 第一弾の告発状はとりえあず世間に周知する意味で発表していた
  • 核心に至る前に会長が辞任など体制の改善をすると考えた
  • 今回、未だ状況の改善が見込まれないので、核心である第二弾を出す

ということです。

再興する会の会長さんも、ここまで言っているからには、

衝撃的な内容が求められてしまいますが、大丈夫でしょうか?

スポンサードリンク

告発会見で話した内容の全文

さて、ここからが本題です。

8月8日に告発第二弾として緊急会見を開くことになっていますが、こちらは

「生中継をしない」

と、ホームページに記載がありました。

つまり、僕たちが知ることができる情報は、報道各社によって切り取られた内容であるということです。

残念ではありますが、テレビ番組やニュース報道などで取り上げられた内容を、以下に加筆していきます。

(以下、8日以降に加筆予定)

当サイトでは「日本ボクシング連盟の腐敗問題」についてご意見・ご感想を募集しています。

メッセージは1つ1つ全て読み、時間の許す限りお返事もしております。

お気軽に記事下部のコメント欄へどうぞ!

【まとめ】ボクシング連盟の腐敗問題はこちらで全記事読めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です