高円宮絢子様と守谷慧の馴れ初めは?出会いは母のNPO活動のおかげ?

皇室関係のニュース、久々に来ましたね。

今回は高円宮家の三女、絢子(あやこ)様と、一般男性の守谷慧(もりやけい)さんが近く婚約内定というニュースでした。

絢子様は昭和天皇のひ孫にあたる方です。

また、守谷慧さんは日本郵船というエリート商社にお勤めの方。

最近まで小室圭さんと眞子様の婚約内定延期報道があってお祝いムードも落ち込んでいたので、前向きなニュースで良かったです。

今回は絢子様と守谷慧さんの出会いや馴れ初めなど、お二人の関係性に焦点をあてて書いていきます。

高円宮絢子様や守谷慧さんのプロフィールなどを知りたい方は以下の関連記事で詳しくお読みいただけます。

 高円宮絢子様と守谷慧の出会いは?

お二人の出会い自体は、2017年12月のこと。

「え?たった半年前?」

と驚く方も多いはず。

いやぁ、実際驚きですよね。

(小室圭さんは2012年に眞子様と出会って翌年に付き合いを始めて、2018年現在でも結婚延期されているくらいなのに・・・)

はじめての出会いの場ですが、これはまだ不明です。

※正確を期すため、このように書かせていただいています。

新聞各社以外の、個人運営のニュース系サイトでは、

「出会いは2017年の12月、高円宮邸で開かれたパーティーで2人は両親を通じて引き合わされた」

などと書いているところが多いですが、

本当はパーティーの件はまた別の話。

2018年4月の高円宮邸で開かれたパーティーに守谷さんが参加したことと混同しているように見えます。

新聞各社も2017年12月の出会いについては場所などを報じていないことから、信憑性のある情報をまだ入手出来ていないのだと思われます。

分かっている事実は、

  • 久子様(絢子様の母)から守谷慧さんに、絢子様を紹介したのが初めての出会い
  • 初めての出会いは2017年の12月

というところまでです。

また新情報があったら修正しておきますね。

スポンサードリンク

絢子様の母(高円宮家、久子様)と守谷慧さんの母(守谷季美枝・もりやきみえ)同士がつないだご縁?

出会いについては、先ほど書いた通り、

  • 久子様(絢子様の母)から守谷慧さんに、絢子様を紹介したのが初めての出会い
  • 初めての出会いは2017年の12月

なのですが、そこに至るまでの経緯がスゴイのでそこも書いておきます。

はじめは、母同士のご縁から。

守谷さんの母・守谷季美枝(きみえ)さんは、「国境なき子どもたち(KnK)」というNPO法人の専務理事をつとめていました。

また、絢子様の母・久子様は、「国境なき子どもたち」の行事に、毎年出席されているなど、守谷慧さんの母・守谷季美枝(きみえ)さんと深い交流があったようですね。

ですが、守谷季美枝さんは2015年7月に他界してしまいます。

守谷慧さんは、「母の行っていた活動を見たい」と、2016年1月にカンボジアに行き、その後「国境なき子どもたち」に入り、理事に就任しました。

国境なき子どもたちの会長である寺田朗子さんは、カンボジアに来た守谷さんを見て「なんていい青年なのだろう」と思ったと語っています。

NPO法人の仲間からもこの行動は称賛されたはずです。

その後、2017年11月に催された「国境なき子供たち」の設立20周年祝賀会では、久子様と守谷慧さんが親しげに会話していていたとのこと(寺田会長談)。

おそらく縁のあった母に関してつもる話もあったのでしょう。

最終的にこの祝賀会がきっかけとなり、翌月の12月に絢子様と出会うことになったんだそうです。

こうやって経緯を追っていくと、

  • 守谷慧さんの母・季美枝さんがNPO法人で活動していたこと
  • 久子様がNPO法人の行事に参加されて季美枝さんと面識があったこと
  • 母・季美枝さんが他界されたあとに守谷慧さんが母の意志を継いでNPO法人に入ったこと

これらのピースが1つでも欠けていたら実現しなかった出会いだと言えます。

大学の合コンやらで出会うなんていうのとはまたレベルの違う、上流階級の出会い方ですね。

(守谷さんのお母さんが、いつか絢子さまと引き合わせるつもりだったけど叶わず、「私に何かあったらNPOを継いで久子様に会いに行け」みたいなこと、さすがに言ってないですよねぇ・・・笑)

スポンサードリンク

高円宮絢子様と守谷慧の交際や馴れ初めは?

さて、ちょっと戻ってお二人の出会いの後、交際から馴れ初めまでを見ていきます。

時系列でまず書くと、

  • 2017年12月  出会う
  • 2017年12月~ 交際
  • 2018年4月 高円宮家のパーティーで会う
  • 2018年6月 宮内庁から、近く婚約内定の周知

となっています。

出会ってから約半年のスピード結婚ということになります。

新聞各社の報道を見ていても、出会いから交際が始まったように書いていますから、2017年11月の祝賀会で久子様としても「この人(守谷さん)なら間違いない」と思って推し進めたのでしょう。

報道では「福祉分野への共通の志を持っていたこと」が、お互いを生涯の伴侶とする決め手だったと言われています。

確かに、絢子様は福祉大学に現在も研究員としておられますし、守谷慧さんもNPO法人で活動されています。

守谷慧さんはエリート商社の日本郵船に勤めるかたわら、NPO法人「国境なき子どもたち」の専務理事もつとめてらっしゃいますが、具体的に守谷さんご自身がどのような活動をしているのかは明るみに出ていません。

ここについては、7月2日の婚約内定会見などで、お話があることでしょう。

NPO法人の専務理事という肩書きだけから絢子様とつながりができたとは思えませんから、具体的な福祉活動のエピソードなども交えながら、同じく福祉に関心の高い絢子様との馴れ初めをお話してくれたら嬉しいですね。

守谷慧さんやそのご家族について知りたい方は以下の記事で詳しく説明していますのでタップして見てみてください♪

守谷慧の家柄と経歴は?勤務先の年収や両親も金持ちエリートなのか調査!

スポンサードリンク

絢子さまと守谷慧さんの今後の行事やスケジュールについて

こちらは簡単にまとめておきます。

  • 7月2日 婚約内定会見
  • 8月12日 納采の儀(高円宮邸にて)
  • 10月29日 結婚式(東京・明治神宮にて)

これ書いていて驚いたのですが、

そう、年内にもう結婚まで行ってしまうんです。

出会いから1年足らず。

小室圭さんとの違いが浮き彫りになってしまいますね・・・

今回はお二人の関係というところを見て行きましたが、今後は絢子様、守谷さんそれぞれの人柄などに焦点をあてた記事を書いていくので是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です