1イニング4奪三振とは?達成者は何人?1イニング5奪三振や6奪三振の記録も調査!

【(2018年5月2日更新)達成者の最新情報を追記しました】

2016年5月24日に行われたプロ野球の試合「ヤクルトスワローズ 対 阪神タイガース」戦で、珍しい記録が生まれたことをご存じでしょうか??

その名も「1イニング4奪三振」です。

少し野球を知っている方なら、「3アウトでチェンジ(攻守交代)するんじゃ・・・?」と、1イニングで4奪三振という言葉に「?」を浮かべているのではないでしょうか?

そんな方のために今回は、

  • 「1イニング4奪三振」が起こるのはどんなケースなのか?
  • 「1イニング4奪三振」の歴代記録達成者一覧
  • 「1イニング5奪三振」「1イニング6奪三振」の記録達成者もいるのか?

という内容について調べてみました!

スポンサードリンク

ヤクルト八木が「1イニング4奪三振」を達成!!そんな記録あるんか・・・

2016年5月24日の「ヤクルト – 阪神」戦の初回、珍記録「1イニング4奪三振」が達成されました。

達成したのはヤクルトの八木投手。久々に先発のピッチャーに起用された1回のことでした。

ちょうどテレビ中継で見ていたので、印象に残っています。

「そんな記録もあるんか・・・」って。

今回の八木選手の記録の詳細の前に、まずは「どのようにすれば1イニング4奪三振が可能なのか」というところを解説していきたいと思います。

「1イニング4奪三振」とは?達成する方法を解説!

原理はシンプルで、野球における、「三振してもアウトにならない例外」を知っていれば謎は解けるはず。

ヒントは、「振り逃げ」です!!

ここまで言えば半分以上の方はおわかりかもしれませんが、説明を続けていきます。

「振り逃げ」とは??

ピッチャーが投げた球を空振りして、ストライクが3カウント目になると「三振」になりますよね。普通はこれでアウトのカウントが1増えます。

しかし例外もあります。以下をご覧ください。

三振してもすぐアウトにならないケース

  1. キャッチャーが捕る前にボールが地面に触れたとき(ワンバウンド投球を空振りしたときなど)
  2. キャッチャーが捕球できなかったとき(ワイルドピッチ、パスボール、落球など)

1の場合は、ワンバウンドした時なのでわかりやすいですね。変化球を投げた時とかはそうなることもしばしばあります。

2の場合は、ピッチャーが投げた球がそれてキャッチャーが取れなかったり、取れるはずの球をキャッチャーがとりこぼしてしまった時などですね。

どちらの場合も、ボールを持った状態で打者にタッチするか、1塁に投げればアウトです。

打者も振り逃げの場合は、1塁に走ることができますので、遠くにボールがそれたりもたついている隙に1塁に着ければ、三振したのにアウトが増えずに1塁に行けることになるということです。

この時、「三振した」のに「アウトが増えない」ということがポイントですね。

これなら原理的に、1イニングで三振を何度もとれますね。

(最悪の場合何回三振をとっても、振り逃げてアウトがとれなかった場合は、奪三振の記録は増えるものの、アウトが増えないという状況が起こりうるのです。)

ヤクルト八木投手の1イニング4奪三振について

原理がわかったところで、今回八木投手のケースについて解説します。

1回、1番バッターは三振で1アウト。

次に2番バッターに対して、三振をとったもののワンバウンドの暴投で振り逃げで一塁に出ることを許してしまいます。

のこりの2つのアウトも三振でとって3アウトチェンジ。

こうして1回(=1イニング)に4奪三振という記録を達成することになったのです。

「1イニング4奪三振」の記録達成者一覧!歴代何人いるの?

今回八木選手が達成した1イニング4奪三振ですが、直近では約1年前の2015年6月6日に横浜の平田真吾投手が達成しています。

記録的には数年に一回、もしくはそれ以上の頻度で起こる記録です。

2016年5月25日時点では、八木選手で18人目ということです。

【(2018年5月2日更新)達成者を追記しました】

2018年5月2日現在、20名の投手が「1イニング4奪三振」を達成しています。

以下に一覧にしておきますね。

  1. 幸田優(大洋ホエールズ)達成日:1959年7月5日
  2. 野村貴仁(オリックス・ブルーウェーブ)達成日:1993年8月8日
  3. 工藤公康(福岡ダイエーホークス)達成日:1996年8月2日
  4. 西口文也(西武ライオンズ)達成日:1997年4月12日
  5. 岡島秀樹(読売ジャイアンツ)達成日:1997年7月4日
  6. ドナルド・レモン(ヤクルトスワローズ)達成日:2000年4月14日
  7. 斉藤和巳(福岡ダイエーホークス)達成日:2000年9月3日
  8. 杉内俊哉(福岡ダイエーホークス)達成日:2003年4月14日
  9. 金澤健人(阪神タイガース)達成日:2004年8月1日
  10. 松坂大輔(西武ライオンズ)達成日:2004年9月17日
  11. 前田幸長(読売ジャイアンツ)達成日:2005年4月6日
  12. 涌井秀章(西武ライオンズ)達成日:2007年4月3日
  13. ウィルフィン・オビスポ(読売ジャイアンツ)達成日:2009年9月17日
  14. 澤村拓一(読売ジャイアンツ)達成日:2012年4月13日
  15. 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)達成日:2013年4月17日
  16. 高橋聡文(中日ドラゴンズ)達成日:2013年7月9日
  17. 平田真吾(横浜DeNAベイスターズ)達成日:2015年6月6日
  18. 八木亮祐(東京ヤクルトスワローズ)達成日:2016年5月24日
  19. 藤浪晋太郎(阪神タイガース)達成日:2016年7月29日
  20. 石田健大(横浜DeNAベイスターズ)達成日:2016年7月29日

2016年7月29日以来、約2年ほどは「1イニング4奪三振」の記録が出ていない状況ということですね。

「1イニング5奪三振」達成者は存在する?

それでは、一つレベルがあがった「1イニング5奪三振」という記録にすると歴代記録者も減ってくるのではないでしょうか。

調べてみると、プロ野球での達成者は1人(※)という珍しい記録だということがわかりました。

※2018年5月2日現在、プロ野球1軍リーグでの記録達成者は「0人」。もし他に記録達成者に関するニュース報道などあればコメントいただけますと幸いです。

「1イニング5奪三振」の記録が達成されたのは2010年5月8日のこと。

イースタン・リーグ(2軍リーグ)の「楽天-日本ハム」戦で、楽天の木谷寿巳(ひさし)投手1イニング5奪三振のリーグ新記録を達成しました。

簡単に言うと、2回振り逃げに成功されているということです(笑)

ちなみに、木谷投手は同じ回で、同リーグのタイ記録となる1イニング3暴投も記録しています。

三振はとれたとしても、フォークボールとかだとワンバウンドすることが多いですから、暴投になると振り逃げが成功することも多くなります。

1イニング4奪三振、5奪三振に暴投はつきものなのかもしれません。

高校野球で生まれた「1イニング5奪三振」の記録

実は2018年4月4日、高校野球春季東京都大会にて、1イニング5奪三振の記録が生まれていたことを知りました。

2017年夏には甲子園ベスト4となった強豪・東海大菅生高校の鈴木礼央(れお)投手が達成者です。

勝ち越しで迎えた4回、先頭2人の打者をカットボールによる連続三振で2アウト。

しかし、続く2人の打者に連続振り逃げを許します(この時点で4奪三振)。

次の打者は無事三振に仕留め、1イニング5奪三振を達成したとのこと。

この日の鈴木投手はカットボールの調子がよく、自分でも驚くほどだったといいます。

ただ、捕球できなかったキャッチャーは監督に怒られていたようですね。笑

「1イニング6奪三振」達成者は存在する?

まさか「1イニング6奪三振」の記録達成者なんていないよね・・・?

と思って調べてみましたが、2018年5月2日現在、まだ達成者は存在していませんでした。

達成した日にはいろいろな意味でびっくりするようなニュースになりそうです(笑)

プロ野球は今回の「1イニング4奪三振」や「1イニング5奪三振」など、物珍しい記録が生まれることがあるので目が離せませんね。

今後も面白い記録があったら記事にしてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です